企画演劇集団 アーヴァンギャルドばちかぶりシステム ブログ
ばちかぶったブログだよ!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五月雨の夏に佇む



部屋に入るやいなや、


大音量のヘッドホンでセミの鳴き声を聞いてる混沌とした脳内


ついにヘッドホン難聴か


覚悟したが網戸にセミが張り付いてるだけだった。


その後セミはスタッフが美味しく食べました
スポンサーサイト
肉体労働に挑戦!!
こんにちわ!

最近暑いですね!









という様な挨拶が僕は嫌いです。





さて、先程町田にて、アルバイトの面接に言って参りました。


内容は工事現場での資材搬入




証明写真もしっかり撮り、




無事受かりました。


部屋に従業員の方の写真が貼ってあったのですが、何故かほとんどの人が年季の入ったガンを飛ばしてます。


殺人鬼を殺してそうな目をしてます。




30代の人が多かったのですが昔は完全に江ノ島あたりで爽やかに暴れていたでしょう。


面接担当の人から、「めちゃくちゃキツイよ?しかも今夏だし。一枚12キロのパネルを六枚同時に持てるようになるといいね」


見たいな事を速射砲のように僕にぶつけてきます。



50勤務すると5万円ボーナスで貰えるらしく、

「結構辞める人多いんですか?」と聞いたら

「若いのはすぐ辞めちゃうねー、君は22か、。、、、、、」



今年の夏は鉄パイプを持ち、筋トレをし、優しい先輩方からの筋の通った戦慄アドバイスをいただきながら、腕を太くしつつ、ブラジル渡航のお金を貯めます





これで参加費3兆3万円も払えるね
ワクワクドキドキ帰宅



いつかの帰りの電車の中。



右端からヤクザ、ではなく映像担当の井村君


次がこむかい君。受け付けを手伝ってくれました。


次が主宰竹田君。まるで人の目を避けてるかのように、まるで東長崎に潜伏してるかのように帽子を被っています。



一番左が大芝君。

劇中劇で使われていた銃も彼の私物です。

映像も手伝ってくれました。

下らない花火撮影も完璧の準備(何と公園内にビニールシートでベースを作り、何故かケータリングもあり、その他ウェットテイッシュ、ガスバーナも持ってきてくれた。)で迎え撃ってくれたのも大芝君です。


あだ名がジェントルマンになりました。










そんな時代もあったでしょう、
集合場所



舞台上、

続きは五年後
建て込み



いつかの稽古場


ストイックに建て込みをしてました
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。